もらってうれしい株主優待。株主優待ガイドはそんな株主優待投資をこれから始めたい初心者の方に基本を解説します。

現物買い+一般信用売り戦略

現物買い+制度信用売りの戦略を活用したもので、逆日歩がかかるリスクのある制度信用取引ではなく、一般信用取引を使います。一般信用取引には逆日歩の制度がないことを利用したもので、さらにリスクが小さくなります。デメリットは、取引できる証券会社が限られたうえ、対象銘柄数が少ないことです。

基本的な考え方については「株主優待のタダ取りテクニック」をご覧下さい。

スポンサーリンク

現物買い+一般信用売り戦略とは

この戦略は、「現物買い+制度信用売り戦略」における「逆日歩発生のリスク」を抑えるための方法です。そもそも逆日々という制度は「制度信用取引」という証券取引所が定めた方法を使っている場合にしか適用されないので、逆日歩がない「一般信用取引」を利用すればいいのでは?というものです。

しくみや方法は「現物買い+制度信用売り戦略」の場合と全く同じです。制度信用取引で空売りした銘柄を「一般信用取引」でやればいいだけのことです。まったく同じ方法で逆日歩のリスクなく株主優待を無料でゲットすることができます。

最近のネット証券では、取引画面で「制度信用取引」を使うか、「一般信用取引」を使うのかを取引ごとに選択できるようになっているので面倒もありません。

ただ、問題となるのは「一般信用取引」の場合、空売りができる証券会社が極めて少ないという点がデメリットとなります。

理由としては、一般信用取引の場合、空売りをするための株の準備をそれぞれの証券会社が個別に行う必要があるためです。例えば、制度信用取引の場合、ある株式を顧客投資家が空売りする場合、取引証券会社が株券を持っていなくても証券金融会社が用立てをしてくれます。

しかし、一般信用取引では証券金融会社は用立てをしてくれませんので、サービスを提供する証券会社自身が空売りをされたときに、株券を提供する必要があるのです(自社が保有する必要がある)

現在のところ、一般信用取引において空売りができるネット証券は以下の2社です。

松井証券
カブドットコム証券

上記の2社でも空売りが可能な銘柄は異なりますので、できれば両方の証券会社に口座を持っておけば機動的な「空売り」が可能となります。

逆日歩リスクのない方法ですので、こちらは手数料と金利だけで完全に株主優待をタダ取りすることができます。

このテクニックについて

本手法は株式投資における「信用取引」を利用します。信用取引は取引のやり方によってはリスクの高い取引となります。「信用取引のリスク」「一般信用取引とは」などの解説サイトをご覧になったうえでリスクを理解してお取引下さい。
本手法を用いて発生する全ての損害については自己責任でお願いいたします。

 

株主優待生活のために活用したいネット証券

株主優待をより効率的にゲットするためのおすすめの証券会社を紹介します。
株主優待のための証券会社の選び方のポイントは「株主優待におすすめな証券会社比較」をご覧ください。

関連情報

当ページの情報と関連性の高い情報サイトや用語の解説ページなどをピックアップしています。

制度信用取引と一般信用取引の違い
信用取引である2つの取引方法の違いを解説しています。

株主優待ガイドTOP / 株主優待テクニック