もらってうれしい株主優待。株主優待ガイドはそんな株主優待投資をこれから始めたい初心者の方に基本を解説します。

株主優待ガイド>証券会社比較

株主優待におすすめな証券会社比較

株主優待におすすめな証券会社比較では、株主優待を目的とした投資をするうえでおすすめなネット証券を厳選して紹介していきます。どれも株主優待を効率的にゲットする上で非常におすすめです。

株主優待目的の投資と証券会社比較

株主優待獲得を目的とした投資を基本とする場合の証券会社選びとは一体どのようなものなのでしょうか?ここでは、株主優待に役立つ証券会社の機能を以下に分類し、それぞれを満たしている証券会社を徹底的に比較します。

一般信用取引で空売り

「株主優待をノーリスクでゲット(一般信用取引)」

未成年口座が持てる

家族で分散して投資する事で株主優待を効率的にゲットできる。
株主優待の多くは、100株で1000円の商品券、1000株で3000円の商品券といった具合に株数と優待品が比例しないことが多いです。仮に家族4人で100株をもてば、400株で4000円の商品券をゲットできます。家族を有効に活用(笑)できる証券会社がお勧めです。

端株取引が可能

端株でも株主優待が貰える銘柄に投資できるので、端株取引に対応している証券会社が株主優待投資にはお勧めです。

貸株制度あり

長期投資の投資家に第3のインカムゲインが得られる。
株主優待を長期保有する投資家は優待銘柄を貸株することで、配当金や株主優待以外の収入として「貸株料」をゲットできます。

 

1位:SBI証券

長期投資向けなら株主優待をサポートする万全のサービス
SBI証券は短期売買から中長期の長期投資までどちらにも使えるネット証券です。
取引手数料もネット証券最安値水準となっています。中長期投資におすすめの貸株制度もあるので、保有株を有効に活用することができます。
>>SBI証券詳細情報

一般信用
未成年口座
端株取引
貸株制度
×

 

2位:カブドットコム証券

一般信用取引で空売りができる!端株取引が可能。
一般信用取引で空売りが可能な証券会社の一つです。取引できる銘柄は他の一般信用取引で空売りができる証券会社と異なるので、複数の口座を持っておくことが「株主優待のタダ取り」には欠かせないポイントとなります。
また、カブドットコム証券の貸株サービスは信用取引口座を開設していても使えるので信用取引による空売りで優待ゲット作戦と、貸株による保有株の有効活用という二つを同時使えるネット証券となっています。
>>カブドットコム証券詳細情報

一般信用
未成年口座
端株取引
貸株制度
×

 

3位:マネックス証券

未成年でも口座が持てる。貸株で長期保有が有利。
マネックス証券は親(両親)の同意があれば未成年でも株取引のための口座を持つことができます。親が口座を持っておく必要はなく、同意のみでOKです。家族口座として株を分散して持つことに使えます。また、貸株サービスがあるので、株の長期保有にも有利です。
>>マネックス証券詳細情報

一般信用
株式CFD
未成年口座
端株取引
貸株制度
×
×
×

 

4位:松井証券

一般信用取引で空売りができる!未成年口座OK。
おすすめネット証券のひとつが松井証券です。手数料面では、他のネット証券よりもやや不便ですが、ポイントは一般信用取引で空売りができるという点です。一般信用取引での空売りには逆日歩が発生しませんので、「株主優待のタダ取り」をする上では絶対に外せない証券会社です。
>>松井証券詳細情報

一般信用
未成年口座
端株取引
貸株制度
×
×

 

関連情報

当ページの情報と関連性の高い情報サイトや用語の解説ページなどをピックアップしています。

一般信用取引がおすすめの証券会社比較
一般信用取引ができる証券会社を徹底比較。

一般信用取引と制度信用取引の違い
信用取引の二つである一般信用取引と制度信用取引の制度上のしくみを比較

株式CFD取引とは
株式CFD取引のしくみや特徴、株式投資との違いなどを解説。

株主優待ガイドTOP / 株主優待におすすめな証券会社