もらってうれしい株主優待。株主優待ガイドはそんな株主優待投資をこれから始めたい初心者の方に基本を解説します。

ETFや投資信託は株主優待をどのように扱っているのですか?

ふと疑問に思ったのですが、ETFをはじめとした株式投資信託はたくさんの株をもっていますよね?この場合ETFの運用会社が株主優待を受け取ることになると思うのですが、この株主優待はどこに消えているんですか?

もしかして、社員の懐に入っているんですかね?

スポンサーリンク

回答:できるだけ売却され分配金になっています

たしかに、投資信託の運用会社には株主優待が送られてきてきます。

細かく説明すると、投資信託の信託財産で購入した株主の名義人は信託銀行となっています。たとえば、みずほ信託とか三井住友信託とかいった具合ですね。

一般財団法人、投資信託協会によると以下のように説明しています。

“投資信託は、投資家から集めた資金(金銭)を一つにまとめて株式や債券といった 有価証券に投資し、運用の結果を再び金銭の形にして投資家に均等(持分に応じ て)にお返しする仕組の金融商品です。このため、優待物のような「物」を投資 家に均等にお返しすることはなかなか難しく、換金できるものを極力換金して投 資信託財産に繰り入れ、投資家に均等に優待物の恩恵が行き渡るよう努力してい ます。”

ということです。一応、売れるものは売って現金化して信託財産に組み入れるって対応をしているようですが、どうなんでしょうかね。

 

一部では着服事件も発覚

2018年にはみずほ銀行で、海外の機関投資家の保有株をめぐる着服事件がありました。

海外の機関投資家などが保有する株式の管理を担当していた元行員が、投資家宛てに送られてきた大量の株主優待券を着服して換金し、1億2000万円余りを脱税していたとして、東京地検特捜部から所得税法違反などの罪で在宅起訴されました。

ということもあります。 管理体制がずさんな所だとどんな風に扱われているかわかりませんね。

 

株主優待生活のために活用したいネット証券

株主優待をより効率的にゲットするためのおすすめの証券会社を紹介します。
株主優待のための証券会社の選び方のポイントは「株主優待におすすめな証券会社比較」をご覧ください。

関連情報

当ページの情報と関連性の高い情報サイトや用語の解説ページなどをピックアップしています。

投資信託の運用会社
投資信託のしくみを解説しています。

株主優待ガイドTOP / 株主優待Q&A