もらってうれしい株主優待。株主優待ガイドはそんな株主優待投資をこれから始めたい初心者の方に基本を解説します。

株主優待でもらった分は確定申告する必要があるのですか?課税対象ですか?

株主優待をもらっているのですが、疑問があります。株の配当金や売買益は課税対象で実際に税金がかかりますが、株主優待として受け取ったものには源泉徴収がされていません(そもそもできないと思います)。では、株主優待というものは確定申告や課税の対象となるのでしょうか?

スポンサーリンク

回答:原則として株主優待も課税対象です

結論から申し上げると、株主優待による利益も課税の対象となります。税区分は「雑所得」となります。JCBギフトカードのような金券の場合は確かに課税所得の金額としては分かりやすいですが、商品詰め合わせや割引券などは基本的には実売価格相当の経済的利得があったと判断されるようです(金券ショップなどに売却した場合は売却額)。

そんなこと言われても計算方法がわからないよ、と思われるかもしれませんが、給与所得者(サラリーマン)の場合は他に所得が無ければ20万円までの雑所得は申告する必要がありません。そのため、基本的には株主優待による利益をわざわざ申告する必要はないでしょう。(金額が大きくなれば別ですが)

 

株主優待生活のために活用したいネット証券

株主優待をより効率的にゲットするためのおすすめの証券会社を紹介します。
株主優待のための証券会社の選び方のポイントは「株主優待におすすめな証券会社比較」をご覧ください。

関連情報

当ページの情報と関連性の高い情報サイトや用語の解説ページなどをピックアップしています。

特に無し

株主優待ガイドTOP / 株主優待Q&A