もらってうれしい株主優待。株主優待ガイドはそんな株主優待投資をこれから始めたい初心者の方に基本を解説します。

3月末が権利確定日の株を買ったのですが株主優待がとどきません。

ある会社の株主優待券がほしくて、その会社の株を3月30日に買いました。締切日は31日でした。ですがいつまで待っても株主優待がとどきません。これはなぜでしょうか?

スポンサーリンク

回答:権利確定日と権利付最終日は違います

例えば、3月31日が権利確定日(株主優待を受け取れる人が確定する日)の場合、5営業日前に株をもっている人が、名義人として載ります。

例えば、以下のようなカレンダーで3月31日が権利確定日の場合を考えてみます。

2010年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
             

左の場合、3月31日の5営業日前が権利付最終日となります。つまり、左記のケースでは、3月25日の日の時点で株を保有している人が株主優待を受けることができます。(その日のうちに売ってはだめですよ)

また3月26日を権利落ち日と呼び、この日以後に株を買っても株主優待を受けることはできません。

 

質問者様の場合、3月30日は既に権利落ちしておりますので、株を買っても3月31日締めの株主優待を受け取る権利はないのです。

 

株主優待生活のために活用したいネット証券

株主優待をより効率的にゲットするためのおすすめの証券会社を紹介します。
株主優待のための証券会社の選び方のポイントは「株主優待におすすめな証券会社比較」をご覧ください。

関連情報

当ページの情報と関連性の高い情報サイトや用語の解説ページなどをピックアップしています。

配当や株主優待を受け取るためのポイント
配当や株主優待を受け取るための株の売買のやり方。期日などを説明。

株主優待ガイドTOP / 株主優待Q&A